はじめてでも安心!海外医薬品の通販   >   海外医薬品通販の購入方法

海外医薬品通販の購入方法

ペンを持ち説明する白衣の女性

日本では処方されていない薬が欲しくて海外医薬品の通販を利用しようと考える人も居るのではないでしょうか?でも海外から医薬品を輸入するのはなんだか不安に思う人も少なくないでしょう。もちろん覚せい剤などの麻薬を輸入するのは犯罪なので絶対にいけませんが、低用量ピルなど日本の病院でも処方してもらえるけど通販を利用した方が安く手に入るし、病院に行く手間が省けるといった理由で海外医薬品の通販を利用している人も少なくないでしょう。

厚生労働省のホームページでも、輸入者が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品などを、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。と書かれています。逆の意味でいえばほかの人に売ったり譲ったりするのはNGだが、自分が使用する目的での購入は認められているということです。通販を利用して海外医薬品を購入することが違法ではないとわかれば安心して購入できますね。

しかし「薬も過ぎれば毒となる」ということわざがあるように適量を使ってこそ薬の「効果・効能」が発揮されますので服用する際は適量を守るようにしましょう。また薬にもさまざまな種類がありリスクに応じて扱い方が異なります。一般医薬品には3つの区分があり第1類医薬品は副作用により、日常生活に支障をきたすおそれがあり、とくに注意が必要なお薬です。第2類医薬品は副作用により、日常生活に支障をきたすおそれがあるもの、第3類医薬品は第1類、第2類居以外のもので副作用のリスクは低くなります。このように薬の種類や体質によっても副作用のリスクは変わってきますので、服用する際は注意しましょう。