おくすりについて

両手でハートのクッションを持つ女性

通販を利用して海外医薬品を入手することを個人輸入といいます。個人輸入には入手しにくい品物が手に入ったりとメリットもたくさんありますが、薬の使用についてはすべて自己責任になるため注意が必要です。心配な方やはじめての使用で不安のある方は医師や専門にご相談することをおすすめします。今回ははじめての人でもわかりやすいように海外医薬品のメリット、デメリットをご紹介していきます。

海外医薬品のメリット

海外医薬品の通販を使うと日本国内では手に入りにくい海外のお薬も入手できるようになります。処方箋も要らないので医師の診断を受ける必要もなく、家や外出先など欲しいと思った時にいつでも購入でき、病院に行く手間や時間も省けるでしょう。また比較的安価であるため経済的にも少ない負担で購入することができ、海外の商品なので消費税もかからないというメリットもあります。

海外医薬品のデメリット

海外医薬品は自己判断で使用するため、副作用など重大な健康被害がおきてもすべて自己責任となります。購入前に実物を見ることもできないので、時には思っていたものと違う商品が届くおそれもあります。また海外から発送するため送料が割高になることや、入手するまでに時間がかかるので急いでいる時や緊急性のある場合は間に合わないというデメリットもあるので注意しましょう。

メリット、デメリットを理解したうえで購入しましょう

日本では手に入らないお薬を入手できたり、病院に行く時間が取れない忙しい現代人にとってメリットのたくさんある個人輸入ですが、デメリットがあるのも事実です。偽物を買ってしまうという危険性もあるので安すぎるサイトなどには注意して、デメリットも踏まえたうえで賢く利用しましょう。